貸会議室とは、会議や打ち合わせをする場所を貸し出すサービスの事です。場所と同時に設備も貸し出されるので、借りる側にとっても多くのメリットがあります。他のメリットを見ていきましょう。自由なレイアウトが可能なので、人数に合わせて自由に変更できます。自社の会議室ではできない事です。会議用のオプションも充実しており、プロジェクターやホワイトボードなどの備品も完備しています。ケータリングサービスがある場合は、食事やブレイクタイムが充実します。また、交通の便が良い場所にある事も多く、利便性は高くなっています。逆にデメリットを挙げます。頻繁に利用するとコストがかかってしまう事や、職場から移動しなくてはならない事も欠点になります。こういったデメリットに注意しながら、メリットを活かす使い方をする事により、コストを削減しつつ効果的な会議ができます。

貸会議室でできる様々な事についてのお話し

では、貸会議室でできる事を挙げていきます。会議室と名がついていますが、使用用途は会議だけではありません。採用試験や就職説明会、社内研修や株主総会、債権者集会、更には趣味のサークル活動にも使用できます。会議で使用するには、頻繁に利用しなくてはなりません。しかし採用試験や説明会の様に、頻繁ではないけれど定期的に大人数が集まる場合などは、非常に利便性が高くなっています。自社で広い会場を持っていなくても、貸会議室を借りる事で解決できますし、頻繁でなければそれ程コストもかかりません。また、新人研修などの人材育成にも使われています。最近では貸会議室の使用用途は多岐に渡っており、結婚式のあとに行なわれる二次会も開催されています。アクセスが良い事や参加人数によって部屋を選択できる事などから、選ばれています。

貸会議室における設備についてのお話し

それでは、貸会議室における設備を見ていきます。マイクやプロジェクター、ホワイトボードなどはあたりまえですが、他にも細かいものを備品として用意してくれる場所もあります。例えば、置時計やベル、手提げ金庫などがそれにあたります。会費が必要な場合は会費収納用の金庫があると便利ですね。また、アイロンを貸し出してくれるところもあります。演台やスクリーン、液晶テレビやDVDデッキ、テーブルやパーテーションなども貸し出し対象の設備になります。マイクに関しては、場所にもよりますが有線マイクや無線マイクなど選べる場合もあります。今や貸会議室はさまざまな用途に応じてくれます。その為、選び方も重要になってきます。参加者の便が良い場所、必要な広さと機材があるか、ケータリングが可能かどうか、防音や眺望はどうか、予算内に収まっているかなどをチェックしながら選んでいきましょう。